BIOGRAPHY

麦 野 優 衣   Y U I   M U G I N O

シンガーソングライター・作詞作曲家・訳詞家として幅広いシーンで活躍する、新進気鋭の若手女性音楽クリエイター。
Yui Mugino is a Japanese singer-songwriter, lyricist, composer and vocal director, currently based in Tokyo, Japan. (Scroll down to read her English biography.)

生年月日:1991.5.25
血液型・星座:
A・ふたご座
好きな食べ物:
和食全て、特にお寿司。
影響を受けたアーティスト:宇多田ヒカル、椎名林檎、東京事変、菅野よう子、EGO-WRAPPIN’
特技:音感ゲーム、手笛、即興ハモり。

1991年5月25日、千葉県生まれ。香港人の父と日本人の母を持ち、両親の転勤により8歳でアメリカに移住、中高生時代を香港の国際学校で過ごしたバイリンガル。幼い頃から歌やピアノに親しみ、歌手になるという夢を持つ。アメリカに移住する前にデビューした宇多田ヒカルの音楽に衝撃を受け、長期の海外生活の中で様々なジャンルの音楽に影響されつつも、J-POPへの愛を深めていく。

中学の音楽授業での楽譜作成ソフトとの出会いをきっかけに校内合唱大会で歌われる合唱曲のアレンジを任される様になり、趣味として好きな楽曲の採譜に没頭する中、作編曲の楽しさに目覚める。

2009年に高校卒業後、奨学金オーディションに合格し、アメリカのバークリー音楽大学に進学。Contemporary Writing & Production(現代音楽の作曲とプロダクション)学科にて作曲編曲を専攻し、2012年夏に卒業後、愛する日本への念願の帰国を果たす。2013年夏から東京での音楽活動を開始し、現在はフリーランスアーティストとして活動を行なっている。

2013年には全世界から1万6千人以上がエントリーした某大手芸能事務所の25周年オーディションにて特別賞を受賞し、ブラックミュージックの殿堂として世界的に名高いNYアポロシアターアマチュアナイト月間チャンピオン大会に唯一のアジア人として出場する。パフォーマンスの最中ブーイングの嵐にステージを追われた出場者もいた中、最後まで歌い切り大健闘した。

DTMを使った自身の楽曲制作は勿論、2014年5月にはDJ Souljahの楽曲”Believe That”にILMARI (RIP SLYME)やAKLOなどのメジャーアーティストと共にフィーチャリングされ、作家として作曲・作詞を担当し制作にも関わる。さらに、その表現力豊かな歌声を評価され、大分県の映画「カラアゲ☆USA」の主題歌や、国民的野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」シリーズのテーマ曲にも2年連続で抜擢され注目を集める。

アーティスト活動の傍ら、近年は作詞作曲家としての活躍も目覚ましく、2019年にはシンガー・ソングライターのmiletが歌う日本テレビ系ドラマ『偽装不倫』主題歌「us」をmilet本人そしてプロデューサー・TomoLowと共にコライトし、オリコンデジタルランキング初登場1位・AWA・Spotify・dヒッツ・LINE MUSICなどでも1位を記録するなど、話題を呼ぶ。柔軟なメロディセンスに多彩なコーラスワーク、歌い手の可能性を最大限に引き出すボーカル・ラップディレクションに定評がある。近年では日本内のみでなく海外のオーディエンスをも視野に入れ活動するシンガーやラッパーなどに英詞を提供し、訳詞家としてもデビューを果たす他、歌う為の英語発音矯正の指導にも力を入れている。また、安室奈美恵・FlowerHappinessJUJU・水城奈々を始め数多くのメジャーアーティストの仮歌も担当している。

2016年12月23日には元GARNET CROWの古井弘人をサウンドプロデューサーに迎えた、自身初のミニアルバム「YOU & I」をリリースし、ライブ会場限定でCDを発売。国内より先に、香港のドラゴンセンター(西九龍中心)にて開催されたクリスマスイベントにてリリースライブを行う。

2017年4月12日には、テレビ東京「THEカラオケバトル 歌の異種格闘技戦ルーキーズカップ」に初出場し、MISIAの「BELIEVE」と宇多田ヒカルの「COLORS」を歌いきり、初優勝。

2019年7月31日を持ち、3年間専属作家として所属していた音楽事務所onepeaceを契約期間満了につき退所。現在はフリーランスアーティスト・作詞作曲家として活動している。

Born in Chiba prefecture of Japan to a Chinese father and a Japanese mother, Mugino acquired her dream of working in music at an early age, having been taught the piano from the tender age of four and taking up singing as a hobby. She grew to love composing through her music club activities in secondary school, where she was assigned to be the Music Captain of her house and put in charge of arranging medleys and directing school choirs.

After graduating Berklee College of Music in 2012 where she majored in Contemporary Writing & Production with a scholarship, she first gained recognition singing on and writing lyrics for demos of hit songs by popular Japanese artists such as Namie Amuro, JUJU, Nana Mizuki and more.

Mugino’s success as a performing singer-songwriter is marked by her appointment as singer for the 2016 and 2017 opening themes of the renowned Konami baseball game series “Power Pros”, and also her appearances in the national TV show “THE Karaoke Battle”. She has also taken part in the renowned Amateur Night Showcase at the Apollo Theater in New York as a winner of the “Apollo Theater Prize” of the Avex Audition MAX 2013 competition, where she competed against 16,776 contestants from around the globe. 

As one of the few up-and-coming female songwriters of the new generation working in the Japanese music industry, Mugino nurtured her songwriting skills through many co-writing sessions with producers of different genres and nationalities, earning a reputation for flexibility in her writing style. Her most recent and famous work is the song “us” by up-and-coming Japanese singer-songwriter milet, which was written as the theme song of the popular 2019 Nippon TV drama series “Fake Affair“.

After fulfilling a three-year contract with publishing agency onepeace.Inc, Mugino now works as a freelancing artist and songwriter.

In recent years, Mugino has come to specialize in vocal production and direction, translation of Japanese lyrics into singable English, and coaching English pronunciation for singers and rappers hoping to reach an international audience; a field of ever increasing demand in the Japanese music industry.

With her heart set on remaining active as a performing artist, Mugino continues to make music of her own and holds frequent live performances in the Kantou area. You can check out her latest live show schedules from here.